皆さんがピアノの習い始めに手にした教本は何ですか。ホームページ書店を覗くと、定番の要覧としてハノンやチェルニー、ブルグミュラー、ソナチネ周辺が、正統派の要覧として並んでいるのを目にします。(私の向かう訓練ではピアノ以外にも歌等の講義もあるので)「純粋にピアノだけ習ったのだとしても、こんなに多くのガイドをこなさなければならないのだな」といったピアノの世界の奥深さを実感してしまう。
声楽お気に入りのピアノ講義にあたっている方も含めて、皆さんも先述した「王道」の要覧を一からロジカルに学ばれましたか。私の場合には「王道」の要覧と比べるとあまり知られていないかもしれませんが、ツィーグラーとコルトーというひとの握りこぶしによる指の成長テキストから始まりました。
単なる指を取り回すわざ以上に、センスを重視することを大切にするメソッドで、こういうイメージは最も歌にも通じると感じています。もちろん、歌ってピアノには格差も著しくあると感じているのが、私の正直な口コミだ。ですがセンスを重視するイメージは、歌にもピアノにも同一でしょう。メカニックだけで(歌もピアノも、当然その他の楽器も)プレーが成り立つ訳ではない、ということですね。ですが、もしもメカニックがうりだと感じられるならば、それをプライオリティなさってください。持ち味お気に入りでは賄えない、一層客観的に判断できるプレーの精度という独特があり、ボクはねたましいだ。
このように述べるという、ノウハウ件を疎かにやる異議もなされます。せめて私の場合には事実です。理想的には、ノウハウ件も持ち味件もバランス良く習得することが最も望ましいです。ですが大人の中位の場合それら2つを一気に追求することが更に敵手として、それぞれが中途半端に向かう虞があるのです。ひいては、ピアノを奏でる愉しみさえも奪うことになり兼ねません。
従ってボクは、持ち味件に磨きをかける料率がより高く上る成長をしています。必ずしもどちらかを犠牲にするという訳ではなく、料率の割り振りの仕様を変えます。
それによりボクは「それぞれを習得しなければならない」というストレスから解放されました。ひいては敗走を抑止する働きもあるのか、現在までピアノを辞めずに保ていらっしゃる。当然私の先生が、持ち味を重視される先生ですからその感化も力強いでしょう。
皆さんがこういう執筆を参考にされ、自身の成長に取り入れられる際には、料率の割り振りを考えられることから始めると良いでしょう。http://xn--xck0d2a9bc2114cgbiy63b.xyz/